オナニーなさってたのね

乳首吸われるのが

ペニスを唇でしごき始めたのだ
膣壁をくまなく擦り上げる

り、静穂の顔が動くたびに英次の肉茎に痺れが走る。舌は英次の敏感な裏筋を舐め削らいこうほとばしたぎるような悦楽が溢れるように、ペニスから雷光が迸っていた。ふぐうっっ!うぐぅぅっっ!いかづち至近距離から放たれた悦楽の雷に、ビクンビクンと静穂の肢体が痙攣する。静穂が自分のものを咥え込み、喉の粘膜や舌先で愛している姿が脳裏に浮かぶ。キュウウン、キュウウンと、静穂のヴァギナにはめた計測機器が警戒音を立て続けた静穂の顔を掴んで喉の奥まで肉茎をねじ込み、るたび、ペニスからバリバリと雷光が迸る。繊細な舌のもがきを堪能する。

フェラチオしているのだ

英次が興奮す快楽に導かれるまま、静穂は頬をすぼめて吸い込み、バキュームの容量で英次を招き入れ続ナた感じたことのない強烈な衝動に、英次の背筋がゾワゾワと震える。感が下半身に充満し、牡の本能を加速させていく。自慰とレベルが違う射精静穂のヴァギナに挿入した計測機器が悲鳴を上げキュウウソーキュウウン!る。激しい膣の収縮に耐え、必死に鳴り続けた。んふ、はむ、つジュブツ、ゲホッ、ゲホッ咳きこんだ振動さえ、英次の快楽に直結する。

股間に割れ目をえぐるように指でなぞります濡れ

衝動がうねりとなって英次の身体を駆け登っていく。苦しげな牝の吐息に導かれ、しゃくねつ灼熱のような高ぶりとともに、英次の腰がせりあがる。限界が迫り、英次の額に浮かんだ汗がつうっと流れた。出る、もう出る…ッ!静穂は顔を掴まれながら、英次の言葉に笑みを洩らす。蛇腹のような余り皮を指で弄んでいた。脹れた尿道に沿って舌先を上下させじゃま。タンポンでもペットボトルでもなく痴漢の指

拘束ベルトを解こうとしてい車椅子の結衣に向か

英次のモノが静穂の口の中で前後に動くたび、粘っこい音が立つ。先が英次の致命的なポイントを的確に突いてきた。んふっ、んんっ、じゅぷっ、じゅぷっその音と共にざらつく舌イラマチオをされて自由度がないはずなのに、静穂はうねるような舌さばきで英次の急所を責めてくる。急所を責めるたび、ご褒美の雷光が彼女の全身を駆け巡った。英次の肉茎に痛みにも似た痺れが走り、駆けあがってくる性感を押さえようがなかった。

尻の谷間を滑っていって
オーガズムで

ペニスの動きがさらに速くなった

人妻で尻を吊り上げる俺の精液が欲しいなら、もっとしっかり舐めろ!静穂はもう一度笑うと、指と口の連動で射精を促すように動きだした。
自慰であれば英次にコントロール出来るが、今は主導権を奪われ続けだった。英次の腹筋が小刻みに震え、反り返った背に釣られて下腹部が持ち上がっていく。くッッッ!-ドクッツードクッッッ!ドクッッッ!ノー·!静穂が勢いよく茎を吸い上げた瞬間、熱く煮えたぎる欲望が口内へ吹き出した。

射精し射精したのだ

だくりゅう静穂は普通の女の子のような、が、静穂の口に充満した。小さな悲鳴を洩らす。濁流のように噴き出した英次の精液逃れようとする静穂の顔を押さえ、英次は精液を注ぎ続ける。注ぎ込まれた異質な体液を、静穂はえづくように痙攣しながら飲み干していく。そして、英次が今まで経験したことのない射精感とともに吐きだされた圧倒的な量の精液は、吸い尽くされた。静穂に全てゆっくりとペニスから口を離した。